ブログトップ
F1
F1を見た。

トヨタ2位めでたい。
CART時代も長く勝てなかったが、
一度勝ち方を知れば現在のIRLでも引き続きこの通り。
今年中に1勝できそうな勢い。
愛知万博や名古屋メシ、セントレア...
今年は東海地方の年か。

それに引き替え、
スポーツマンシップにのっとらないどこかのチームは、
ニューエンジンのくせにわずか2〜3周でエンジンブロー。
それも2台同時。
解説の森脇さんに「それだけ精密に同じようにできている、***の技術力は凄い。」なんて
お褒めの言葉をもらっている始末。

打倒ルノー。がんばれ がんばれ。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-21 11:48 | スポーツ
3/19夜のフジテレビの番組
まずK-1。
角田選手vs曙選手。曙選手の初勝利ってことになったが...
続いてのシルム出身の選手との横綱対決。曙陣営からいきなりタオル...
決勝は圧倒的な体格差のある試合。身長差30ウンcm差の試合って...
あんなので、いいのかなぁ...

さらに世界フィギュア。
村主選手は前日の転倒から挽回したものの、
フジテレビ一押しの安藤選手は4回転を諦めちゃって...
荒川選手は今朝の新聞を見るとジャンプのルール間違えてたらしいし...
そんなこと中継中には一切解説になく、「レベル2ですね」って言葉だけが耳に残ってる。
解説だけ聞いていれば、安藤選手と荒川選手はちょっとはミスしたが90点ぐらいの演技。あげくの果てには演技終了後「200点ぐらいいけば表彰台...」なんていってたが、実際下された点数はそれには遙かに届かない点数。
こんなんで解説って言える?
そりゃある程度しょうがないけど、もう少しは客観的に解説して欲しいモンだ。

3連休の初日。何だかすごく後味が悪い出だし。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-20 13:45 | スポーツ
水戸
d0000977_18194562.jpg「建築士事務所の管理講習会並びに開設者研修会」ってのに3/17出席してきた。場所は水戸。
朝6:45出発で、フレッシュひたち号に揺られて9:00水戸着。

駅を出るとやっぱりあった。コレ→

でも...

たしか水戸黄門って諸国漫遊をしていないし、助さん、格さんもお供をしてないはず。
ということは、この銅像はテレビの水戸黄門をベースにしているんだろうなぁ。
だったら、格さんが印籠を掲げている銅像をつくった方がいいんじゃないかなぁ?



d0000977_1841611.jpgさてさて

研修会は9:15〜15:40まで昼休み45分を挟んで1日かけて行われた。1冊のテキストを使って、数人の先生が1時間ぐらいずつ話す。

内容は...

まあ、いいかっ。



d0000977_18452353.jpg会場は水戸駅からタクシーで1,000円ぐらいのところだった。

東京じゃないから流しのタクシーなんてあり得ないし、迎車料金をとられるのも不愉快なので、最寄りの駅(水郡線 常陸青柳駅)まで田んぼ中の1本道をとぼとぼ15分ぐらいかけて歩く。

駅は無人駅。電車(厳密にはディーゼル車)は1時間に2本ぐらい。
改札なんてないし、切符は自動販売機で購入。
線路を渡って、ホームへは数段の階段を上る。
普段東京にいるとこんな経験しないので、ちょっぴりドキドキワクワク。別に何て事ないんだろうけどね。

ところでディーゼル車ってギアチェンジするみたいね。走り出しは低い音でローっぽい。

セピア色にしてみるといい感じ。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-19 18:54 |
ガーリックステーキ
d0000977_13463046.jpgサラリーマンをやめて何が嬉しいかというと、打合せでもない限り、何でも自由に食べられるってこと。

で、今日はポカポカしていたので、花粉防止の超立体マスクを装着した奥さんと一緒に亀戸天神でお参りしてから、ちょっと脚をのばしてtootsiesっていうステーキ屋に行った。

ランチステーキでガーリックソースを選択。肉はオージー・ビーフのランプ肉ってことで、赤身ばっかりでちょっとがっかり。

でも、ご飯はお釜で炊いているのが店の売りで、店の中央には大きなお釜が2つ鎮座。その結果、お米はツヤツヤ。ほどよくガーリックが効いた肉で、ご飯が進むこと進むこと。

今度は夜、脂身のしっかりついたサーロイン的なステーキを生ビールを飲みながら食べたいもんだ。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-16 14:04 |
まちの不思議1〜街灯
d0000977_13431148.jpgチューリッヒの街灯を見てちょっと書きたくなりました。

チューリッヒでなぜできているかはちょっと置いておいて、日本ではよほどのことがないと実現しない理由を書きます。

街灯を吊っているワイヤーがくっついている建物の壁は、多くの場合「民間」のもので、街灯は「公共」のものです。

仮にワイヤーの留め金がくっついている壁が崩れて、街灯が落下し事故が起きたとします。さて、これは誰の責任でしょう?
1.街灯の持ち主である「公共」の責任とも言えるし、
2.壁が崩れた「民間」の責任とも言えるし...
このように後で責任関係がグチャグチャになりそうなことは日本ではほとんど実現しません。

じゃあ、建物が公共の**文化センターだったり、公営住宅だったらできるか?と言えばこれも無理です。街灯を管理している部署と**文化センターや公営住宅を管理している部署は異なります。縦割りですからね。

したがって、日本では道路にハナから建っている電柱に街灯をくっつけるか、駅前など主要な場所ではお金をかけてデザインされた自立の街灯を建てます。はっきり言ってじゃまですね。

この手の話は「まち」にたくさん転がっています。
これから少しずつ皆さんにご紹介していきましょう。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-14 14:25 |
空気清浄機
d0000977_19171592.jpg奥さんはくしゃみ、ボクは咳が出るので、思い切って空気清浄機を買ってみた。

ヨドバシカメラに行くと、いろんな種類があるわ、あるわで、すげぇ悩んじまった。
お店のあんちゃんが運良くすぐ捕まって色々聞くがこれがまたよく分からないことこの上なく、
結局買う決め手になったのは、18%と一際高いポイント還元率と、さらにレジで2000円引きっていう2つの売り文句。
結局、機能なんてあんまり関係ないんだよね。
値段か、かっこよさ、この2つにつきます。高額の買い物は。
でも言っておきますが、この空気清浄機ボク的にはカッコイイとは思ってませんよ。

家に帰って早速スイッチオン。しかし、あまりに静かすぎて、自動運転ではついているのかどうか分からない。たまにはファンが威勢良く回って、仕事しているんだって姿を嘘でもしてほしいモンだ。

昔、ニッサンのターボって笛をつけてキーンという音をさせていたってことを聞いたことがあるけど、ホントだろうか?

スカイラインのジャパンに乗っていた時、嬉しいぐらいキーンって音がして、スピードが出てるぅ、ターボ効いてるぅ、って感じながらハンドルを握っていたんだよね。
空気清浄機にもそれぐらいのサービス精神を出して欲しいよね。

そんなこんなで、スイッチを入れてから早2時間ぐらいがたつが、ボクらの身体に未だ大きな変化なし。

ホントに効いているんだろうか...
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-12 19:29 |
仕事机
d0000977_2044848.jpgわたしの仕事の紹介をします。

机の上にiMacのでっかいヤツが置いてあるだけで、あとは雑然としています。
これでも写真を撮るために結構机の上を整理したんです。

でも、iMacは
・ネットサーフィンをするか、
・メールをやるか、
ホームページをつくるか、
ぐらいに使っているだけで、図面を書く道具にはあまり使っていません。

ホームページをつくったのは97年だったので結構早かったのですが、その反面、仕事はものすごくアナログです。
黄色いトレペモンブランの0.9mmのシャーペンと色鉛筆でシャカシャカ描きます。

どうも、コンピュータが描く線は冷たい感じがしてイヤなんですよね。
ボクはこれからも、人間が描いた、柔らかくて暖かい線で、「普通の建築」を提案していきます。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-11 20:14 |
冬ソナの最終回の舞台〜外島(ウェド)〜
昨年末から年明けにかけて釜山とその周辺に行ってきました。
釜山は南だから...と、たかをくくっていたら、これが寒いのなんの。
奥さんは下痢になっちゃうし。とんだ珍道中でした。


しかし、やることはやってきました。
詳細はそのうちボクのHPで紹介しますが、さわりだけをココで紹介します。


d0000977_15451653.jpg釜山からちょっと海に出たところに「外島」(ウェド)っていう小さな個人所有の島があります。
ココは冬ソナの最終回でヨン様とチェ・ジウが再会するところで、「不可能な家」なる住宅が建っています。
ミーハーなボクらは元旦にココを訪れました。
ところで、この「不可能な家」ができるまでのプロセスを、建築業界の言葉を使って説明するとこんな感じでしょうか。
・チェ・ジウが企画・基本設計
・ヨン様が勝手にディテールなどを含めて実施設計
・さらにヨン様が敷地を見付けてきて勝手に工事着工
・施工段階はドラマでやってませんでしたが、恐らく失明したヨン様が第三者の協力を得て監理
・で、不可能な家は竣工
もう人・人・人で、気の弱いボクらは記念撮影もできず、ただ圧倒されただけでした。


d0000977_15454467.jpg行く前は正直いうとなめてました。
島中がとてもよく手入れされた植物園となっていてかなりいいところでした。
フランス庭園のように幾何学的に刈り込まれたゾーンがあったり、敷地の高低差を利用したゾーンなど、さまざまな庭園を見せてくれます。


d0000977_15462141.jpgさらに、うっそうとした林を抜けると、その先には自然を最大限に活かしたドラマチックな景観が用意されています。
ボクも庭園の設計をやりますのである程度は想像がつくのですが、どれも期待以上のものです。
ホントうまくできています。
特に海に張り出した展望台は圧巻です。
高所恐怖症のボクはお尻の穴がキュッと締まりましたが...


d0000977_15464291.jpg最後にボクが最も感動した場所を紹介して1回目のブログを終了します。
断崖絶壁の上の教会です。
島の奥の方にあるためか、人は疎らでとっても静かです。
そこへ木々の間から漏れる陽光、波が砕ける音、空と海の青。
これまでいろんな教会を見てきましたが、最高でした。


今度は暖かい時に体調万全で行きたいものです。
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-10 15:43 |
今後ともよろしくお願いいたします
ブログっていうものを最近よく耳にするんでどういうものかと調べてみたら、デジカメ日記と大して変わらないことがわかりました。
で、「どうせなら流行モノに移行するか」ってことで、これからデジカメ日記はココから発信します。今後ともよろしくお願いいたします。
管理人:いしじまひさかず
[PR]
# by ecg-man | 2005-03-10 10:25 |